遺伝も関係しているが遺伝で小さい人でも胸を大きくすることは可能

胸を大きくするサプリ
母親が胸が大きい場合、その娘も胸が大きいという人が多く、胸の大きさは遺伝だとあきらめている人も多いのではないでしょうか。この遺伝が関係している理由の一つがラクトゲン受容体の存在です。

 

この器官は、女性ホルモンや成長ホルモンに反応し胸を大きくしてくれるのですが、ラクトゲン受容体の数は人によって違います。

 

胸が大きい人ほど、このラクトゲン受容体が多くあり、胸が小さい人ほどラクトゲン受容体の数が少なくなります。この器官は、成長段階によって決まることもあれば、生まれつき少ないという人もいます。そのため、遺伝によってこのラクトゲン受容体が少ないという人は胸が小さくなるという傾向にあります。

 

これでは、遺伝によってラクトゲン受容体が少ない人はどうしようもないのではないかと思ってしまいますが、そうではありません。この器官は女性ホルモンや成長ホルモンに反応するため、これらのホルモンの分泌が少なければ、いくらこの器官が多くても胸が成長しないということです。

 

逆に考えれば、数が少なくても女性ホルモンや成長ホルモンをしっかりと分泌できれば、それなりの大きさには成長するということなのです。

 

胸が小さいことで悩んでいる人は、まず女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促すような生活を送る必要があります。女性ホルモンではエストロゲンの分泌が重要です。エストロゲンは女性らしい体作りには欠かせないホルモンです。大豆製品に含まれるイソフラボンにはエストロゲンと同じような働きをすることで知られています。このような食品を摂取することで、エストロゲンの効果を得ることができます。

 

ちなみに大豆イソフラボンの40倍の働きをするのがプエラリア・ミリフィカです。

 

⇒おすすめのプエラリアサプリはこちら

 

 

また成長ホルモンで最も重要になると考えられるのが睡眠です。

 

胸を大きくするサプリ

 

この睡眠は成長ホルモンだけでなく女性ホルモンにも影響します。成長ホルモンを分泌を促すには睡眠のタイミングが重要です。22時〜2時までの間はゴールデンタイムとも呼ばれ、最も成長ホルモンが分泌されやすい時間帯です。そのため、この時間はしっかりと睡眠をとるようにしましょう。このように、胸の大きさは遺伝に関係している部分も多いのですが、自分の努力次第で胸を大きくすることも可能なので、諦めず努力をすることが大切です。