女性ホルモンの分泌が落ちてくる事が原因。

男女を問わず、30代は「脂ののった時期」と評されることもあります。

 

ビジネス面で言えば、それまでに積み上げてきた功績が評価され、昇進・昇給の機会が多い時期ですし、プライベート面で言えば結婚をするのに丁度いい時期であるとも言われます。といっても最近では若い年齢の内に結婚や昇進をすることも増えていますし、必ずしも30代が脂ののった時期にはならず「すでに脂がのりきった時期」と言える状況も増えています。

 

さて、それはそれとして「女性の体に起こる変化」を見た場合、この年代は特に大きな変化が現れやすい時期でもあります。10代、20代の頃はほとんど意識することがかなかった体の衰えを感じ始める時期であり、疲れやすいと言ったことはもちろんですが、何よりも「スタイルが崩れ始めた」と感じる時期がここです。

 

女性のセックスシンボルでもある「胸(バスト)」は、その存在自体が女性であることの証と同義で扱われることが少なくありません。男性の中にも女性の胸に強い執着を持っている人が少なくありませんし、女性同士であっても胸に関するコンプレックスや悩みを抱えている人は大勢います。

 

胸が垂れ始めてきてから、やっと「何とかしないといけない」と思って対策を講じる人が多いのですが、そもそもそれでは遅すぎます。

 

でも垂れ始めてしまった胸を修復することは可能です。40代、50代になればその労力は大きくなりますが、それでも十分に間に合います。
胸を大きくするサプリ

 

女性の胸が悪い方向に変化していく大きな要因は「筋力不足」「女性ホルモンの分泌の減少」にあります。

 

 

筋力不足

胸を支える土台である「大胸筋」の筋力が衰え、胸をしっかりと支え続けることが出来なくなってしまうことが原因となるので、対策としては大胸筋をしっかりとトレーニングすることが効果的です。そうなってしまってから対策をするのはもちろん大切ですが、20代の内から早め早めの対策をとっていれば労力は少なく済みます。極端なトレーニングでなくとも良いので、定期的に大胸筋に負荷を与えることをしっかりと意識しておきましょう。

 

 

女性ホルモンの分泌の減少

10歳頃から増え出す女性ホルモンの分泌量は30歳頃にピークを迎え35歳頃から急下降し始めます。これにはもちろん個人差がありますが、遅かれ早かれ必ず訪れる分岐点です。ハリのある若々しい肌・体を保つには女性ホルモンの分泌をよくする必要があり、そのためにプエラリアサプリが有効です。