バストアップサプリとピル

MENU

プエラリア入りのバストアップサプリとピルの併用はやめておきましょう

バストアップしたという場合には、バストアップを促すことのできる女性ホルモンの分泌をサポートしたり、女性ホルモンに似た働きのするバストアップサプリが有効です。
バストアップサプリを飲むことによって効率的にバストアップすることができるようになりますが、経口避妊薬であるピルとの併用について考える人も多くいると思います。

 

ピルとは

ピルは女性ホルモンを利用した避妊薬で、女性ホルモンによって脳下垂体に働きかけて卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑える働きがあります。排卵を制御して、子宮内膜を変化させて受精卵を着床しにくくし、子宮頸管の粘膜を変化させることで精子を子宮に入りにくくする薬になります。

 

どちらも女性ホルモンを利用したもののため、結果から言うと併用するとさまざまな危険があることから併用しないことをおすすめします。
胸を大きくするサプリ

どんな弊害が考えられる?

バストアップサプリとピルを併用してしまうと、生理周期が乱れてしまったり、女性ホルモンの過多によるホルモンバランスの乱れ、子宮内膜症などの子宮の病気などを発症してしまうリスクを高めるほか、吐き気や頭痛、不正出血などの副作用が起きてしまう可能性もあります。

 

バストアップサプリの中でも、女性ホルモンに似た働きのするプエラリア配合のものは特に避けるべきだと考えられています。

 

それでもバストアップサプリを利用したいという場合には、プエラリア非配合でホルモンに働きかけないサプリメントを選ぶことをおすすめします。

 

プエラリアが入っていないけれども効果が高いと口コミでも人気の胸をおおきくするサプリはこちら

 

このようなサプリメントの場合は、生活習慣を改善したり、しっかりした睡眠をサポートする成分が配合されており、生活習慣からバストアップに働きかけます。

 

ピルを服用している場合には、女性ホルモンが補充されている状態のため、サプリメントを飲まなくてもバストアップしやすい状態になっています。

 

女性ホルモンは血液によってバストの細胞まで運ばれ、乳腺を発達させる働きがあります。

 

胸にホルモンを届けるためには血行を良くしていくことが必要です。そのためには、バストアップクリームなどを外側から塗ってマッサージをすることが有効だとされています。

 

ただし、バストアップクリームもプエラリアが配合されているものは避けることが無難です。