巨乳はアホか

MENU

胸の大きさと頭の良し悪しは関係ない

胸を大きくするサプリ
胸に関する世間一般の話で時々耳にすることがあるのが「胸が大きいとアホっぽい」というものであり、最近ではあまり聞くことはなくなったのですが偏見を持っている男性などが口にすることが多いようです。当然このような内容は迷信であり実際には胸が大きいからと言ってアホであるという根拠はないのですが、このような迷信が生まれた理由や敬意にはいくつかの理由や根拠があると考えられています。

 

どうしてこんな迷信が生まれた?

 

例えば色気がある女性のイメージとしてまず浮かびやすいのが胸が大きいと言うポイントとなっているのですが、そのイメージを悪用して男性に擦り寄ると言う女性も少なからず存在しています。そしてそのような女性の多くがお金を持っている男性を誘惑するために色気を悪用していると言うイメージを持たれがちであり、男性そのものもそのような胸がもたらす女性の色気に弱いと言うところから、「胸が大きく色気のある女性は、実力ではなく色気で良い思いをしようとしている愚かな人」という侮蔑の意味を込めた迷信が生まれたのではないかとされているようです。

 

ほかにも胸を構成しているものが脂肪であるという事から、脂肪に対するイメージとして「暴飲暴食で太っている人」「運動不足で太っている人」「ゴロゴロ寝て怠けて太っている人」など怠惰によって太ったから大きくなったのではないかというイメージがついてしまったと言う考えもあります。当然そのようなことはないのですが、脂肪に対する悪い印象から怠けている女性・頭で考える事をせずにだらだらしている女性というイメージがついてしまったのではないか?という意見もあります。

 

さらにアニメや漫画などでも胸が大きく描かれている女性はいわゆる「天然」として描かれていることが多く、現実の世界でも胸が大きい人の中にはストレスを感じていないような天然だと思われている人もいるようです。ストレスは女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因として知られていて、それによって胸が小さくなってしまうということも珍しいことではありません。つまりストレスがないのではないかと言うイメージを持たれている女性は女性ホルモンのバランスも安定しているので、その結果で胸が大きくなったのではないか?ストレスを感じないほどアホなのではないか?という勝手なイメージから言われるようになったのではないか?という考えもあるとされています。