母は巨乳で子は貧乳

MENU

お母さんは巨乳なのにどうして私は貧乳なの?と悩んでいる方へ

胸を大きくするサプリ
よくお母さんは、巨乳なのに自分の胸は貧乳という悩みを見聞きします。

 

こんな悩みがあると巨乳は遺伝しないのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

 

体型は、遺伝で決まると言われていますが、胸の大きさは遺伝だけで決まるわけではありません。

 

巨乳なのか貧乳なのかは、遺伝だけでなく先天的な素質の違いもあります。

 

つまり、生まれ持った素質が関係しているのです。胸の大きさや形などの遺伝の関係性は、さほど大きくありません。胸を構成している約30%ほどしか遺伝しないと言われています。両親から遺伝するのは、巨乳か貧乳かよりも背の高さであったり太りやすいなどの体質になります。また、性格なども遺伝すると考えられています。

 

しかしながら、多くの女性ができれば巨乳になりたいと思っていることでしょう。

 

胸を大きくするサプリ

巨乳や貧乳の分かれ道は、女性ホルモンの分泌量

 

女性ホルモンは、エストロゲンとプロエストロゲンの2種類がありますが、女性らしさをアップしてくれるのがエストロゲンです。エストロゲンは、バストアップをしたい方には必要な女性ホルモンとなっています。そのため、大豆製品などを進んで摂取してエストロゲンを増やす必要があります。

 

また、女性ホルモンの分泌が活性化されることもバストアップに繋がるため、食生活や生活習慣の見直しをすることも欠かせません。バストの成長期は、15歳から18歳くらいまでと言われていますが、成長ホルモンをきちんと分泌するような食生活や生活習慣を送っていれば、年齢に関係なくバストアップを成功させることも夢ではありません。

 

バストの成長は、ホルモンの分泌によって促されるため、多くの女性ホルモンを分泌することが大切です。大きなストレスを抱えてしまうことで、女性ホルモンの分泌量が減少してしまうこともあります。そのため、適度な運動を行い上手にストレスを発散することもバストアップに繋がるので実践してみましょう。

 

最も大切なのは、女性ホルモンの分泌量をアップする食事を摂ること
過度なダイエットを行ってしまったり偏食しがちな女性もいますが、バストを短期間で大きくするならきちんとバランスの取れた食事を3食食べることが大切です。忙しくてなかなか食事に気を遣えないと言う人は、胸を大きくするサプリを飲むと効率的に女性ホルモンの分泌をよくすることができますよ。

 

おすすめの胸を大きくするサプリはコチラ