胸が大きくても知的に見えるファッション

MENU

胸が大きいとあえて強調せずに隠すぐらいのファッションが知的に見えるポイント

女性は胸を大きくしたいという悩みを持っている人が多いですが、反対に小さく見せたい、と思っている人も一定数存在します。その理由としては、胸が大きいことで全体的に太って見えたり、賢い人でもあまり賢く見えないという部分があるためです。

 

 

胸が大きい人でも知的に見せるファッションには、少しポイントがあります

 

胸を大きくするサプリ

 

<トップス>
まず、トップスはかっちりとしたフォルムのものがおすすめです。特におすすめなのは、シャツ、ブラウスなどの綿素材のもの、Vネックのニットやタートルネック、羽織りはジャケットやロング丈のものがおすすめです。

 

逆に避けたいものとしては、ざっくりとしたセーター、ゆるっとしたTシャツ、肩が大きく開いたオフショルダーのトップスなどです。これらはやはり胸がかなり目立ってしまい、男性にはウケが良いかもしれませんが知的には見せられません。

 

どちらかというとオフィスカジュアルのようなトップスを着ると、顔まわりも知的な印象が与えられます。

 

<ボトム>
また、これにシンプルなボトムを合わせるとまさにお仕事着になってしまいますので、ボトムはカジュアルなものがおすすめです。

 

ウォッシュ加工のしているデニムや、膝丈のスカート、サロペットなども合わせると良いでしょう。

 

ボトムに少しトレンド感のあるものを持ってくると、下半身に目線がいくのでバストも目立ちすぎません。ワンピースの場合は短めの丈にヒールを合わせるのがいいバランスになります。また、これに合わせてシューズはヒールのあるものが合います。

 

足長のバランスにしておくと、更にスタイル良く見せられバストが目立ちません。

 

<ヘアスタイル>
また、ヘアスタイルにもポイントがあります。ダウンスタイルにする場合は巻いたりして動きを出すこと、アレンジするときも巻いた上でアップにするのがおすすめです。

 

 

毛先を散らすことで視線を外す効果があり、全体のバランスが良くなります。

 

 

ストレートヘアは顔も丸く、スタイルも丸く見えます。トップスをはゆるいシルエットや露出の高すぎないものにして、ボトムはカジュアルなもの、靴はヒール、ヘアスタイルは巻き髪ベースというのが胸が大きい人におすすめのファッションです。

 

コンプレックスを上手く隠して、ファッションをさらに楽しみましょう。